TOEFL®テスト対策コース

ALC Smart Learning(アルクスマートラーニング)は、英語教育における豊富な学習教材とノウハウを有するアルクと、教育ICTプラットホームで様々な実績のあるNTTラーニングシステムズが開発した新しいeラーニングサービスです。
多彩な機能、豊富なコンテンツで、自習教材としても、授業の教材としてもご利用いただけます。

利用シーンのご提案

ASLの授業利用イメージ

動画が再生されない方はこちら

利用シーンに有効な機能

学習者の方

質の高いコンテンツと成果の出る教材構成

英語学習教材開発において長年のノウハウを持つアルクが、これまでに好評だったコンテンツを元に開発するeラーニングです。教材においては「現状の認識」「知識の獲得」「学習内容の定着」の3段階の学習をご提案し、学んだことを自分のものにするためのトレーニングまでサポートします。学習の最後には、成果を客観的に測るための模擬試験やテストもご用意しています。

多彩な学習機能

eラーニングの特性を生かした多彩な学習機能をご用意。「見る」「クリックする」だけで終わらず、「入力する」「ドラッグする」「繰り返し聞く」といった操作を組み合わせ、学生を飽きさせない教材となっています。また、自習教材としてだけでなく、授業でも使いやすいよう、教材にマーカーで線を引いたりメモを書き込んだりする機能を搭載。さらに、音の速さや問題のレベルを変更できる機能もあり、個々の学生のレベルに合わせて無理なく学習できるようになっています。

マルチデバイス対応

Windows、MacOS、iOSに対応しており、PCでもタブレットでもスマートフォンでも学習可能(スマートフォン専用の画面は今後開発予定)。いつでもどこでも利用できるので、学習のチャンスを逃しません。

モチベーションの上がる成績画面

孤独になりがちで学習意欲が継続しない従来のeラーニングを「みんなで学習する教材」に変え、学生のモチベーションを維持する工夫をしています。個人の成績画面ではクラスの1人1人をマラソン走者のアイコンで表示し、全員の学習状況をリアルタイムに表示。全体の中での自分の位置が把握できるだけでなく、みんなでマラソンをしているような演出で競争心を刺激します。

チームを組んで協調学習

協調学習を促す新たな試みとして「チーム機能」をご用意しています。クラスの中で最大6名までのチームを組み、学習進捗や学習時間を他チームと競う仕組みで、学生が連帯感、協調意識をもって学習に取り組むことができます。チーム一丸となって他チームと競うことにより、進んで学習しようという意欲を引き出します。

受講者間のコミュニケーション

クラス、チームにそれぞれ専用の掲示板(BBS)をご用意。先生と学生、学生同士がコミュニケーションをとりながら学習を進められます。BBSではファイルを添付も可能なので、学生同士で交流するだけでなく、テーマを決めてのディスカッションやグループワークなどにご利用いただくことで、教育の幅を広げることができます。

レポート提出機能

eラーニング教材の学習とは別に、システム上で先生が課題を出し、それに対するレポートを提出させることができます。提出状況の管理ができるのはもちろん、レポートに対するフィードバックや評価もすべてシステム上で完結します。

管理者の方

クラス単位で教材や受講者を管理

受講するコースや学生のレベルに応じてクラスを分けて管理していただくと、ASLをさらに有効に活用できます。学生の成績や学習状況は、簡単な操作ですぐに一覧でき、CSVデータとして書き出して自由に分析/集計ができます。また、クラスごとに教材の設定や並び順、レッスンの数などを変更できるので、クラスの目的やレベルに合わせた教材提供が可能です。

受講者とのコミュニケーションツールが充実

学生の学習状況を表すLMS上のあらゆる画面から、学生に直接「メール送信」「お知らせ掲載」「アナウンス掲載」といった手段でコンタクトをとることができます。たとえば、学習進捗が思わしくない学生にメールを送信して励ます、テストの点数が目標に到達しなかった学生を対象に補習授業のお知らせを掲載する、といったことが可能。多くの学生を一度にサポートする先生方の業務をお手伝いする強力なツールとなります。



お問合せはこちら